文字サイズ

松本人志、カラテカ入江にも救いの手「一回ゼロに考え直しても…」

 ダウンタウン・松本人志が21日、フジテレビの「ワイドナショー」(毎週日曜、午前10時~)に生出演した。20日、反社会的勢力の宴席での闇営業が発覚し、吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)と、謹慎処分を受けているロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)が会見。これを受け番組は急きょ、緊急生放送となった。

 松本はふたりの処遇について上層部に直談判。22日に吉本興業の岡本社長が会見、ふたりと再度会談することも要望したという。

 また、宴席の仲介役となり、先に契約解除となったカラテカの入江慎也についても言及し、「あと、入江とかもどうしようかなと。1人、トカゲのしっぽ切りのように。一回ゼロに考え直しても」と口にした。「サービス精神旺盛で。普段から写真を撮っちゃうので、やんちゃな人とも。これから写真があるかもしれない。そこは静観しないといけない」と、慎重な姿勢も示した。

 松本は前日、ふたりの会見を受け「(会見を)断片的にみたが、知らなかった事実があまりにも多すぎて。このままじゃ吉本は良くない。(ふたりがやったことは)悪から善とは思えない。ただ、ここまで追い込んだ会社は絶対よくない。吉本興業は壊れていく、つぶれていく危機感は持った」とし、「時代を読み間違えた会社なのかなと思った」と語った。会社には「岡本社長に会見をさせなさい。絶対にだめ。そうしないとこの会社はだめ」と伝えたことを明かした。

 会見では宮迫と亮が号泣しながら全面謝罪するとともに、吉本興業から受けた圧力も告発。吉本に金銭受領の事実を伝えて謝罪会見を希望したが、吉本が阻止。岡本昭彦社長から会見すれば「全員クビ」と通告されたことも明かされた。2日前に突然「引退か契約解除」の2択を迫られ、吉本を辞めての会見に至ったと説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス