文字サイズ

吉本は即日対応せず「内容を精査しております」宮迫&亮 会見で不信感あらわ

 大規模詐欺グループなど反社会的勢力からの金銭授受等のため19日付で吉本興業からマネジメント契約を解消された「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が20日、謹慎処分中の「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)と、吉本を介さず自ら都内で緊急記者会見を行った。詐欺被害者らに謝罪する一方で「会見を開かせてもらえなかった」などと同社の対応を批判。岡本昭彦社長(53)の名も挙げつつ、さながら“暴露大会”の様相を呈した。また、宮迫は引退を否定した。

 宮迫と亮の会見を受けて、吉本興業はこの日夜、取材に対し「会見の内容を精査しております。後日、速やかに何らかの対応をさせていただきます」とコメントした。

 会見では、岡本社長が「亮、お前辞めて1人で会見したらええ。けど、全員連帯責任でクビにするから。俺にはお前ら全員クビにする力があるんや」と発言したとされるなど、2人の吉本への不信感があらわになっており、対応が注目される。

 また、この日、一部で亮が契約解除と報じられ、亮自身も会見で「契約解除されていると思っていた」と語ったが、吉本は「亮の契約は解除されていません」とした。吉本の公式サイトからも、宮迫は消えているが亮は消えていない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス