文字サイズ

緒形直人 新人時代の秘話を杉田成道監督に明かされ「言っちゃっていいんですか?」

 俳優の緒形直人(51)が17日、都内で行われた「第9回 衛星放送協会オリジナル番組アワード」の授賞式にゲストで出席し、新設の「協会特別賞」を受賞した映画監督の杉田成道氏(75)=日本映画放送株式会社代表取締役社長=に祝福の花束を手渡した。

 緒形は杉田氏の最新作「帰郷」(時代劇専門チャンネル)に出演しており「監督とは24年ぶりになります。これからも時代劇の火をともし続け、演出もされながら頑張ってください」とエール。二人は古くから縁があり、緒形の主演作にして映画デビュー作の「優駿 ORACION」(1988年)は杉田氏の映画初メガホンだった。杉田氏がディレクターを務めていた人気ドラマ「北の国から」にも出演している。

 緒形は杉田氏に「師であり、先生であり、監督であり、母は“恩人”と申しております。できそこないの息子を救っていただいたと…」と感謝。撮影現場の雰囲気を「24年間誘ってもらえなかったので嫌われているのかと…。久々にお会いしてドキドキして不安もありましたが、監督のしつこい演出はたまらない」と、笑顔で明かした。

 これに気をよくしたのか、杉田監督は「優駿」にまつわるエピソードを披露。「直人はいい年のとり方をしている。色気あるでしょ?『優駿』の時は、青年座で照明をやろうとしていたのを引っ張り出してきた。400~500人のオーディションをして、最後に残ったのが唐沢(寿明)君と直人と加藤雅也君だったかな」と打ち明け話をすると、緒形は「言っちゃっていいんですか?話して」と苦笑いしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス