文字サイズ

まき子夫人、裕次郎さんへの深い愛「今の若い人たちには負けていない」

石原裕次郎の写真を背に会見するまき子夫人=横浜市鶴見区の總持寺(撮影・出月俊成)
3枚

 1987年に死去した昭和の大スター・石原裕次郎さん(享年52)の命日にあたる17日、神奈川県横浜市の總持寺で三十三回忌の法要が営まれた。裕次郎さんの妻で石原プロモーション会長・まき子夫人(85)、おいの石原伸晃氏(62)、俳優・舘ひろし(69)、神田正輝(68)、徳重聡(40)らが参列した。

 まき子夫人は、「裕次郎の倍の歳になってしまいました。子ども?孫?」と、死去から32年という年月を重ねたことをしみじみかみ締めた。会見場には人気ドラマ「西部警察」出演時などの在りし日の裕次郎さんのパネルが掲げられていたが、「石原裕次郎はタイプが今の若い方とちょっと違うかなと。これは自負ですが、52歳で亡くなって30年経ちましたけど、今の若い人たちには負けていないなと思います」と深い愛をにじませた。

 回忌法要は今年でひと区切りとなり、「未亡人になったのは53歳でございますから、今は85歳、もうすぐ86歳になります。上から裕次郎が見ていて、『お前もずいぶん老けたな』と言ってるかもしれないし、私なりに皆様のご協力を頂きながら、裕次郎を守ってまいりました」と振り返ったまき子夫人。「ここまで来られたのは、裕次郎が残してくださったスタッフの方達で、こういう形で石原プロを私とともに守ってくださっている。本当にありがたいことだと思います」と感謝の言葉を述べていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス