文字サイズ

裕次郎さん三十三回忌欠席の渡哲也が手紙 まき子夫人が読み上げる「皆様方のお陰」

 1987年に死去した昭和の大スター・石原裕次郎さん(享年52)の命日にあたる17日、神奈川県横浜市の總持寺で三十三回忌の法要が営まれた。裕次郎さんの妻で石原プロモーション会長・まき子夫人(85)、おいの石原伸晃氏(62)、俳優・舘ひろし(69)、神田正輝(68)、徳重聡(40)らが参列。渡哲也(77)は体調考慮のため欠席し、まき子夫人に手紙が託された。

 法要後に行われた会見で、まき子夫人が、渡から預かった手紙を読み上げた。

 「故石原裕次郎も仏式において三十三回忌を迎える節目の年となりました。三十三回忌は故人にとって全てのことが消え、極楽浄土に行き、そしておめでたい事とも言われています。ここまで来れたのも、私どもを支えてくださった皆様方のお陰でございます。また、毎年、供養に来てくださる方々にも感謝申し上げます。

 私も供養の節目であります三十三回忌の弔い上げに出席しなくてはならない立場でありますが、現在体力回復の療養中でして、出席できませんが、今後も宜しくお願い申し上げます。酷暑が続く日々となりますが、くれぐれもご自愛ください」などと綴られていた。

 まき子夫人によると、渡は呼吸器疾患で療養中であるというが、渡が出演している宝酒造「松竹梅」のCMについて「まだ続きますよ。楽しみに、松竹梅をどうぞ召し上がってください」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス