文字サイズ

矢本悠馬 第1子女児誕生サプライズ発表 演出の劇団ひとりは闇営業のススメ!?

 1月に一般女性と結婚した俳優の矢本悠馬(28)が16日、都内で開かれたテレビ朝日系ドラマ「べしゃり暮らし」(27日スタート。土曜、後11・15)の記者会見で、第1子となる女児の誕生をサプライズ報告した。

 28歳にして学生役のオファーが止まらない矢本を主演の間宮祥太朗(26)が「生まれたてみたいな顔」といじったところ、矢本は突然「最近娘が生まれまして…」と告白。

 電撃発表に、間宮やデイリースポーツの連載「小芝のこばなし」でおなじみの小芝風花(22)ら出演者は「それここで言っていいの?」と驚きが止まらず。矢本は自身のベビーフェースをネタに「産婦人科のどの子もみんなぼくに似てた」と笑いを取った。

 ドラマの原作は森田まさのり氏の同名漫画で、演出はタレントの劇団ひとり(42)。コンビを組んだ男子高校生2人が厳しい漫才の世界へ挑む姿を描く。

 会見を欠席したひとりは映像でメッセージ。間宮らのお笑いセンスを認めた上で「本当にコンビを組んでほしい」と芸人転身を勧め、「闇営業もやってほしい」と旬ネタを投下。闇の世界に誘われた間宮は「いや闇営業したら(ドラマ)2弾3弾やれないでしょ!」と、芸人さながらのスピードでツッコんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス