文字サイズ

東京国際映画祭 オープニング作品に「男はつらいよ お帰り 寅さん」

 「男はつらいよ」シリーズ最新作が東京国際映画祭のオープニング作品に決定した
1枚拡大

 10月28日~11月5日に開催される「第32回東京国際映画祭」(六本木ヒルズほか)のオープニング作品が映画「男はつらいよ お帰り 寅さん」(12月27日公開)に決定したことが11日、分かった。

 同作は今年で50周年を迎えた「男はつらいよ」シリーズの22年ぶりの最新作。「1人の俳優が演じた最も長い映画シリーズ」としてギネス世界登録もされている名シリーズが日本が誇る映画の祭典で初お披露目される。

 半世紀にわたって作品を手がける山田洋次監督(87)は「オープニング作品に選ばれたことを嬉しく思います。50年をかけて製作したこの映画が日本のみならず世界中で、1人でも多くの観客の“心の希望”となることを切に願います」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス