文字サイズ

拳銃強奪事件容疑者の父が関テレ常務を退任…留任予定も

 関西テレビの常務取締役で、再任が内定していた飯森睦尚(むつひさ)氏(63)が退任することが19日、分かった。飯森氏は、大阪府吹田市の交番で巡査が刃物で刺され拳銃が奪われた事件で、強盗殺人未遂容疑で逮捕された飯森裕次郎容疑者(33)の父親であることを17日に明らかにしていた。退任は19日に開かれた定時株主総会で承認された。

 飯森氏は2014年から同社の常務を務めており、この日の定時株主総会と取締役会を経て再任され、社長補佐、営業局・スポーツ局・東京支社担当となる見込みだった。

 取締役会後に大阪市内の同局で行われた株主総会の報告会見で、飯森氏が19日付けで顧問に就任したことが発表された。同局は、任期や報酬などについて明らかにしなかった。

 飯森氏は事件発生の翌17日に代理人弁護士を通じてコメントを発表。謝罪と警察官の回復を願った上で、「このような事態となったことについて、大変驚いており、いまだ信じられない気持ちがありますが、今後の警察の捜査にも全面的に協力する所存でございます」と思いを明かしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス