文字サイズ

映画監督・品川、新作キャストに山里&蒼井夫婦は難しい? かつて不仲騒動

 概要発表会見に参加した品川ヒロシ監督、プロデューサーのザ・フール代表取締役社長・古賀俊輔氏=大阪市内
3枚

 品川庄司の品川祐(47)が映画監督・品川ヒロシとして、12日、大阪市内で行われた「北海道下川町×吉本興業株式会社 SDGs推進における連携協定」によるプロジェクト『下川町株式会社』の企画「品川ヒロシ監督映画」概要発表会見に参加した。

 下川町を訪れた品川監督は、現地で有名なチェーンソーアートに興味を示し「スプラッターホラーをやりたいと言ったら、大反対された」と、青春映画となったとした。下川町出身で、東京で挫折した30歳手前の地下アイドルグループのメンバーが主人公。東京と下川町で撮影予定で、キャストとして思い浮かべている女性シンガー・ソングライターがいると明かした。

 話題の南海キャンディーズ・山里亮太(42)と女優・蒼井優(33)の出演について聞かれると、「まずはおめでとうございます」と祝福。「蒼井優さんはハードル高いですね」と消極的で、かつて不仲騒動のあった山里に関しても「今やレギュラー十何本抱えてる。下川町に連れて行こうとすると、僕くらいスケジュールに余裕がないと難しい」と自虐的にコメントしつつ、厳しいという見方を示した。

 また、もう1つの下川町と吉本新喜劇がコラボする「しもかわ森喜劇」も、10月12日に町民も参加する形での開催が発表された。すっちー(47)は、主導的に参加する吉田裕(40)に対し「吉田君がメーンでやる。『兄さん、お願いします』と言われたけど、これは会社をちゃんと通してるんですか。通してなくて、これ(大規模な会見)をやってたらすごい」と、事務所を通さず反社会的組織の忘年会に芸人仲間を仲介したとして吉本を解雇されたカラテカ・入江慎也(42)をいじった。大丈夫という声に「安心です。会社さえ通していれば」と返して笑わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス