文字サイズ

綾瀬はるか、聖火リレーを疑似体験「状況を想像できて楽しめました」

聖火ランナーを疑似体験する綾瀬はるか=東京・大崎ブライトコアホール
2枚

 日本コカ・コーラ社が10日、2020年の東京オリンピック聖火リレーに参加するランナーなどを募集するキャンペーンを発表した。女優の綾瀬はるか、競泳平泳ぎで五輪2大会連続2冠の北島康介氏、サッカー日本代表の堂安律らが都内でのイベントに出席して、参加を呼びかけた。綾瀬はトーチを持って会場内を走る聖火リレーの疑似体験をし「より興奮して状況を想像できて楽しめました」と感激していた。

 綾瀬は「チーム コカ・コーラアンバサダー」を務めることになり、「大変光栄です」など挨拶。司会者から「もうひと言」と求められると、「東京2020オリンピック、そして聖火リレー、ますます盛り上げていきたいと思います。…オー!」と独特の間で一人でかけ声を上げた。

 イベントでは聖火リレーの疑似体験も行った。トーチを手に関係者らの声援を浴びながら会場内を一周すると「トーチの重みを感じながらっていうのが、すごい緊張感があるのと。皆さんからの声援もあるので、より興奮して状況を想像できて楽しめました」と声をはずませていた。

 同社を通じた聖火ランナー応募は、スマートフォン向けアプリ「Coke ON」を用いる。期間は6月17日午前0時から8月31日午後11時59分まで。詳細は同アプリのウェブサイトまで。

 イベントには人気ユーチューバー(ユーチューブクリエイター)のHIKAKIN、はじめしゃちょー、東海オンエア、フィッシャーズ、水溜りボンド、アバンティーズも参加し聖火リレー疑似体験を楽しんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス