文字サイズ

美空ひばりさん 生涯売上枚数が1億枚を突破…1位は「川の流れのように」

「川の流れのように」ジャケット
1枚拡大

 1989年に52歳で死去した国民的歌手・美空ひばりさんの誕生日にあたる29日、東京・浅草公会堂で、「第82回美空ひばり生誕祭」が開催され、ひばりさんの生涯売上枚数が1億枚を突破していたことを報告した。

 1989(平成元)年6月24日、ひばりさんが亡くなってから没後30年、元号が令和と改まったことから売上枚数を見直したという。平成元年に発表した総売上枚数9690万枚から平成31年までに約2000万枚売上を伸ばし、1億1700万枚に到達していた。

 ひばりさんの息子・加藤和也氏(47)は1000人のファンを前に「数字にしてみるとおふくろも頑張ったなと思いますね。皆様のおかげと感謝していると思います」とあいさつ。登壇後の取材では、「僕も統計を取ってびっくりしました。1億1700万枚。国一個分の人口みたいになっちゃってますけど」と驚いていた。

 楽曲別にみると、89年に発売した「川の流れのように」が大きく売上を伸ばした。03年の統計時点ではシングル売上1位「柔」が190万枚、2位「川の-」が150万枚だった。16年経過した19年では「川の-」が55万枚売上を伸ばし205万枚で1位に輝き、「柔」は195万枚で2位だった。

 AKB48グループ総合プロデューサーの秋元康氏(61)が作詞した「川の-」は世代を超えて愛されているとみられる。4月にHKT48を卒業したタレント・指原莉乃(26)が28日に福岡での大感謝祭で同曲を歌い上げた。加藤氏は「すごくうれしいですね。ありがとうございます」と感謝しながら、「この楽曲が平成元年生まれの方たちをつないでくれた。おふくろが初めて自分から『この曲だけはシングルカットにして頂戴』と(言った)。珍しいことだと思う。アルバムのラスト曲から急にそうなった」と同曲のシングル誕生秘話も明かしていた。

 「川の-」は発売30周年を迎えるにあたり、この日からカセットテープやCDなど4形態で発売を開始した。配信は500万再生を突破。アフリカ盆踊りプロジェクト「Bon for AFRICA」の楽曲にも選ばれ、DJ KOOがアレンジするなど世界にも広がりを見せている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス