文字サイズ

松山ケンイチ 敵役・早乙女太一に「色気があって男だけどムラムラした」

 俳優の松山ケンイチ(34)が15日、都内で、声優を務めたアニメ映画「プロメア」(24日公開)の完成披露舞台あいさつに早乙女太一(27)、堺雅人(45)らと出席した。

 熱血レスキュー隊員のガロを演じた松山は、早乙女演じる敵キャラクターのリオに心を奪われたことを告白。「色気があって男だけどムラムラした」と思わせぶりに語った。

 また、堺が演じたクレイにもひかれたといい「堺さんも二面性があってまたムラムラしました」とニヤリ。「(興奮を)かき消すかのように大声で叫んでいました」と冗談交じりにアフレコの裏側を明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス