文字サイズ

ラサール石井 百田尚樹氏に反論ツイート 佐藤浩市への「三流役者」発言に

 ラサール石井
1枚拡大

 タレントで俳優のラサール石井が13日のツイッターで、構成作家の百田尚樹氏が俳優の佐藤浩市を「三流役者」としたことに反論した。

 石井は「佐藤浩市氏のどこが三流なのか。役者の何を知ってるのか。自分の意に沿わないと三流なの?今後映画化されるほどの小説がまだ書けると確信してるんだ。謙虚さのかけらもない。何様?」とツイートした。

 百田氏は12日のツイッターで、佐藤について「三流役者が、えらそうに!何がぼくらの世代では、だ。人殺しの役も、変態の役も、見事に演じるのが役者だろうが!」「私は自分の作品の映画化に関して、キャスティングに口出ししたことは一度もない。しかし、もし今度、私の小説が映画化されることがあれば、佐藤浩市だけはNGを出させてもらう」とツイートした。

 佐藤は雑誌「ビッグコミック」に掲載された、映画「空母いぶき」で総理大臣を演じることについてのインタビューで、「いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残ってるんですね」と述べ、また「ストレスに弱くて、すぐにおなかを下してしまうっていう設定にしてもらった」と役作りの背景についても明かしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス