文字サイズ

岡本健一 19歳下の三浦翔平に「若いってこういうことかと肌で実感する」

 俳優の岡本健一(49)が26日、東京・大手町で主演舞台「ピカソとアインシュタイン~星降る夜の奇跡~」の公開稽古を行った。

 同時代に生きた若き天才画家ピカソと物理学者アインシュタインが“もし出会っていたら?”を描くファンタジック・コメディー。「ROSE」「BLUE」の2バージョンで公演を行い、それぞれ、ピカソ役を岡本と三浦翔平(30)が、アインシュタイン役を川平慈英(56)と村井良大(30)が演じる。

 岡本は三浦について「若いですよね。エネルギーにあふれている。僕もまだいけるんじゃないと思っていたけど、実際に若い人を見ると、若いってこういうことかと肌で実感する。彼に負けないようにピカソを演じたい」と、刺激を受けている様子。三浦は「常に健一さんを見て、分からないことは何でも聞いている。僕はエネルギーでしか勝てない。経験も技量もすごくて、僕は聞いてやっと間に合ってるという感じ」と、ベテランをリスペクトした。

 また、岡本はピカソについて「そんなに僕らと変わらない部分もある。やっぱり女好きなんだなとか。そういう人間的な部分も発見したりできる」と、人物像にも思いを巡らせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス