文字サイズ

パンサー尾形 MCで雑に紹介したのは吉本の社外取締役…即土下座

 お笑いトリオ・パンサーが26日、大阪・万博記念公園で行われた「第1回超人スポーツEXPO2019」の開会式に参加した。

 尾形貴弘(41)は、自身の動きと連動する人体機能拡張ギア「スケルトニクス」(販売価格1000万円)を上半身に装着しながら単独MCを務めた。しかし、重さ30キロに苦しみ「腰が持たない」と泣き言をいった揚げ句、スピーチを行った超人スポーツ協会の2氏に対し「短めで」と要請し、ブーイングを浴びた。

 さらに、3人目の同協会共同代表の中村伊知哉慶大教授は「中村さん」とだけ紹介し、いったん舞台裏へ。中村氏が、パンサーも所属する吉本興業の社外取締役でもあるとあいさつしたため、会場がざわついた。

 スケルトニクスを外して再登場した尾形は、向井慧(33)から「雑に紹介した人、吉本の方」と教えられると表情が一変。すぐさま土下座で「すいません」と謝罪するなど、最後までグダグダだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス