文字サイズ

志らく、太田&ぜんじろう直接対決に「芸人の美しさを見た」

 落語家の立川志らくが24日、ツイッターを更新。TBSラジオ「JUNK爆笑問題カーボーイ」で、ようやく実現した太田光とぜんじろうの直接対決を「素晴らしかった」と絶賛した。

 ラジオでは、太田がテレビ番組でぜんじろうを呼び捨てにしたことに、ぜんじろうがツイッターで「年下の太田君に『ぜんじろう』呼ばわりされてちょっとだけイラッとする不思議(笑)」とツイート。これに太田が激怒し、「いつから俺の先輩になったんだ」などラジオで訴えていた。

 そして23日深夜のラジオでついに直接対決が実現。ぜんじろうは、初めて爆笑問題と出会った時の話を振り返り、爆笑問題が大阪で漫才を披露した際にその面白さに感激した思い出や、ぜんじろうが手掛けたコメディフェスティバルに、爆笑問題の出演を依頼したが出てもらえなくなり、代わりに格闘家のボブ・サップが出演したことなどを懐かしそうに振り返った。

 だが太田からは、ツイッターで「(笑)」をつけたことに「誤解されたくないわけだろ?それ逃げだろ。プロなら怒らせようが、何しようが言い切れよ。そこが一番腹立つ」などと直球で文句を言われ「なるほど」などと納得。そのまま番組は続いていった。

 これを志らくは聞いていたようで「ぜんじろう氏と太田氏のラジオでのバトル、素晴らしかった。芸人の美しさを見た」と絶賛。「ぜんじろう氏は思い出を忘れていなかった、どころか隅々まで覚えていて爆笑問題をリスペクトしていた事が伝わってきた。太田氏は毒づきながらぜんじろう氏を悪者にしなかった」と、芸人として2人のやりとりを評価していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス