文字サイズ

堀ちえみ、夫の激励で前向きに

 堀ちえみ
1枚拡大

 舌がんに続き、16日に食道がんの手術を受けたタレント・堀ちえみ(52)が20日、ブログを更新。夫婦水入らずの会話で、力をもらったことを明かした。

 「今日はうまくしゃべれている方なんじゃない?」と言われた堀は、「そうかなぁ」「ここのところ後戻りしているような気がするから、とても不安だったんだけど…」「病室にいるとやることないから、自分の身体のあちこちが気になって仕方がないんだ」などと弱気に返したという。

 これを聞いた夫から「そりゃあ、後戻りはするよ」「でも次に進んだ時に、ぐーっと前進しているんだよ」「自信を持っていいんだよ」「確実に前よりも良くなっている!」と励まされたとした。

 それでも、堀が「本当?舌の変化に追いつけないのか…」「やっと少し話せる、やっと食べやすくなったと思ってもまた状態が変わってしまうから…その度に後退している感覚になる」と手ごたえがないことを伝えると、夫からは「毎日やっていることなんて、少しぐらい後退したって当たり前のこと」「後退して、そして次に進む」「今がこれぐらいとしたら、少し下がってもここまで」「そして、少し進んでここ」「次にまた下がったとしても、次にグーンと進めばその繰り返し」と背中を押されたという。

 堀は「さすが前向きな主人です。朝から元気になれます」と感謝。今回の入院前にも「辛い」と嘆くと、「確かに今は辛いかも知れない」「でも生きている限り、誰もがいつだって、病と向き合う可能性はあるんだから」「僕だっていつ同じ思いをするかわからない」「ただ見つかったんだから、良かったと思って」「病気というのは見つかった時点で、その都度、治していくしかないんだよ」などと返って来たという。

 堀は「僕だっていつ同じ思いをするかわからない」という言葉に涙が出たといい、「家族のためにも早く良くなり、これからの人生を、笑顔いっぱいで過ごしていきたいと、心からそう思うばかりです」と思いを明かした。

 堀は舌がんのため、2月22日に舌の6割を切除。太股の皮膚を移植して再建する手術を受け、その後、発声や食事をとるリハビリなどを続けていた。3月26日にいったん退院したが、今度は食道がんと診断され、手術を受けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス