文字サイズ

能年玲奈裁判で所属事務所が週刊文春に勝訴「偏見に左右されない」判決、と声明

 のん
1枚拡大

 「週刊文春」に、当時所属していた女優・能年玲奈(現芸名・のん)にパワハラしたなどとする記事を掲載され、名誉を傷つけられたとして、芸能事務所「レプロエンタテインメント」と同社社長の本間憲氏が、発行元の文藝春秋と編集長に対し、計1億3200万円の損害賠償を求めていた訴訟の判決で、東京地裁(中園浩一郎裁判長)は19日、レプロに550万円、本間氏に対し110万円の支払いを命じた。文藝春秋は即日控訴した。

 レプロは同日夜、報道各社にFAXで文書を送付。今回の裁判について「被告の事実とは異なる記事が、当社の社会的評価および営業上の信頼を著しく低下させ、多大な損害を与えたという当社および本間の主張の正当性が証明されました。また、今回の勝訴判決は、長い時間と膨大な労力をかけた精緻な心理を経て判断された結果であり、昨今における芸能事務所への偏見に左右されていない極めて公平性の高いものであると考えます」とのコメントを発表した。

 週刊文春は2015年5月7・14日号で、「衝撃スクープ 国民的アイドル女優はなぜ消えたのか? 能年玲奈本誌直撃に悲痛な叫び『私は仕事がしたい』」を掲載していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス