文字サイズ

テレ東で史上初のVTuber 登壇者不在の会見 不思議空気流れる

 会見した(左から)ときのそら、猿楽町双葉、響木アオ=テレビ東京
 会見はスクリーン上で進行された=テレビ東京
2枚2枚

 テレビ東京系「四月一日(わたぬき)さん家の」(19日スタート、金曜深夜0・52)の制作発表が18日、都内で行われ、出演するバーチャルYouTuber(以下、VTuber)のときのそら、猿楽町双葉、響木アオがスクリーン上に“出席”した。司会もVTuberの七瀬タクが務め、リアルな登壇者不在という異例の会見となった。

 実在の人物の動き、声を3Dキャラクターとして画面上に再現し、動画サイト「YouTube」などで活動するVTuber。史上初となるVTuberしか出演しないドラマの会見とあって、この日も同局のプロデューサーすら画面上にカブトムシ姿で登場し、会見場には不思議な空気が流れた。

 三姉妹の長女を演じた、ときのそらは「普段からお姉さんっぽい仕草ってどうなんだろうって考えながらやらせていただきました」などと真剣に返答。写真撮影の際には、通常の会見で一般的なカメラマンからの「目線をください」という注文に、VTuber3人がしどろもどろする一幕もあった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス