文字サイズ

浅野温子、体調不良で舞台降板 代役は松下由樹 銀河鉄道999プロメシューム役

 女優の浅野温子(58)が体調不良のため、4月20日から上演予定の舞台「銀河鉄道999 さよならメーテル~僕の永遠」を降板することが27日、主催者から発表された。代役は松下由樹(50)が務める。

 浅野はプロメシューム役として登場予定だったが、主催者が発表した文書によると「体調不良により、急きょやむを得ず降板することとなりました」とだけ説明されている。

 代役に決まった松下は、主催者を通じ「浅野温子さんとはこれまで共演経験はありませんが、尊敬する先輩のお一人です。浅野さんの後を引き継がせて頂くのは、重責を感じておりますが、誰もが知る松本零士さんの名作『銀河鉄道999』の世界を舞台上で創り上げられるよう、精一杯努める所存です。浅野さんのご回復を心よりお祈り申し上げます」とのコメントを発表した。

 舞台は、昨年上演された「銀河鉄道999~GALAXY OPERA」のその後を描いたもので、主人公・星野鉄郎とメーテルとの別れ、メーテルとクイーン・エメラルダスの母・プロメシュームと鉄郎の戦いを軸にしたストーリー。4月20日~29日までは東京・明治座で、5月10日~12日までは大阪・梅田芸術劇場で上演される。

 浅野の所属事務所はデイリースポーツの取材に対し、入院はしていないと説明。3月に入ってから体調不良や倦怠感などを訴えたことから病院で検査を受け、現在は結果を待っている状態。今後については、医者との相談になるという。

 公式HPでは「浅野本人と致しましては、舞台出演を強く希望しておりましたが、主治医と協議した結果、今回は休養をして治療に専念する事を選択し、降板の決断をさせて頂きました」としている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス