文字サイズ

松岡修造の長女・恵さん 父譲りの熱き主演 宝塚音楽学校文化祭の演劇で

 宝塚音楽学校105期生文化祭のリハーサルで熱演する松岡恵さん(右)とハーバート真唯さん=宝塚バウホール
1枚拡大

 未来のタカラジェンヌを育成する宝塚音楽学校(小林公一校長)第105期生の卒業公演となる文化祭(22~24日)のリハーサルが21日、兵庫県宝塚市の宝塚バウホールで行われた。

 文化祭は、第1部が日本舞踊と歌、106期生のコーラス、第2部が演劇(A・Bパターン)、第3部がダンスの3部構成。スポーツキャスター松岡修造(51)の長女で、阪急・東宝グループを創業し、宝塚歌劇団創設者である小林一三氏の玄孫・松岡恵さんら40人が2年間の集大成を披露した。

 男役志望の恵さんは、第2部の『黒い風の物語』(Aパターン)の主人公のフランシスコ役を演じた。好きな言葉は『心に炎』と記すなど、熱いハートをうかがわせる。スラリとした立ち姿で、きりっとした涼やかな目元が印象的なノーブルな顔立ち。さらに父親譲りの張りのある大きくよく通る声で、心に傷を持ち、義賊として民衆を救うスペイン貴族を熱演した。Bパターンでは新井紀香さんが主演する。

 105期生は2017年春に入学。タカラジェンヌに必要なダンス・歌・芝居などを磨いてきた。1部は田坂芽久さんの「清く正しく美しく」の歌声のなか、紋付き袴の正装で105期生が日舞を披露し開幕。さらに上川莉央さん、ハーバート真唯さんらがクラッシックの難曲を歌い上げた。続くポピュラー部門ではタカラヅカナンバーが歌い継がれ、恵さんも『エクスカリバー』の「未来へ」ではソロパートを受け持ち、艶やかな歌声を披露した。

 このリハーサルでは、2部Aパターンでヒロインも務めたハーバートさんが「同期生一同、これからも立派な舞台人になるよう、精進して参ります」とあいさつしていた。

 105期生は3月1日に卒業。4月19日に宝塚大劇場で開幕する「オーシャンズ11」で初舞台を踏み、ラインダンスを披露する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス