文字サイズ

藤井聡太七段が朝日杯将棋オープン連覇 決勝で渡辺棋王に完勝

 朝日杯将棋オープン戦で連覇し、トロフィーを受け取る藤井聡太七段=東京・有楽町朝日ホール
準決勝で行方尚史八段を破り、感想戦を行う藤井聡太七段=東京・有楽町朝日ホール
師匠の杉本正隆七段(左)と連覇を喜び合う藤井聡太七段=東京・有楽町朝日ホール
3枚3枚

 将棋の最年少プロ棋士・藤井聡太七段(16)が16日、都内で行われた朝日杯将棋オープン戦決勝で渡辺明棋王(34)を破り、昨年に続く2連覇を果たした。同大会での連覇は、羽生善治九段(48)に続く2人目の快挙。

 午前中の準決勝では、行方尚史八段(45)と対戦。「序盤から、バランスの取り方が難しかった」としながらも、中盤で流れをつかみ、120手で勝利。行方八段に「気がついたら、息ができなくなっていた」と言わしめる完勝で、2年連続で決勝へと駒を進めた。

 決勝は今期の勝率が8割超えで、20局以上の対局している棋士では勝率3位の渡辺棋王との公式戦初対決となった。渡辺棋王は藤井七段と同じく、歴代で5人しかいない中学生プロ棋士の1人で、順位戦B級1組では11戦全勝で1期でのA級復帰を決め、第68期王将戦7番勝負にも挑戦して3勝0敗で奪取に王手を掛けるなど、現在最強と目される存在。

 準決勝の終局後には「渡辺棋王は非常に充実されていますので、こういう舞台で対戦できるのは楽しみ。全力を尽くしてぶつかっていきたい。挑戦者として戦えれば」と話していた藤井七段。決勝では後手番となり、渡辺棋王が準決勝でも採用した相雁木を受けて立った。中盤は難解なねじり合いとなったが、機敏な指し回しで優位を拡大すると、最後は鮮やかに寄せ切った。

 これで藤井七段は今期成績を40勝7敗とし、勝率は・8511。1967年度に中原誠十六世名人(71)が記録した歴代最高勝率・8545の更新にも望みをつないだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス