文字サイズ

嵐・相葉「また嵐としてやりたい」「解散じゃない」…TVで熱い“嵐愛”語る

 嵐・相葉が活動休止を改めて報告
1枚拡大

 嵐の相葉雅紀が3日、テレビ朝日系の冠番組「相葉マナブ」(日曜、後6・00)に出演し、2020年12月31日をもって、グループとしての活動を休止することを改めて報告した。相葉は「解散じゃない」と説明し、「また嵐としてやりたい」と語った。「本当に嵐でよかった。みんなが嵐のことが大好きだから」と笑顔で熱い“嵐愛”も口にした。

 番組冒頭、レギュラーのアンジャッシュ・渡部建、ハライチ・澤部佑とトーク。渡部から「先日、発表がありましたが」と話題を振られると、相葉は「そうなんです」と活動休止を報告。「ずっとメンバーとは…10回以上は…(話し合った)。5人でも話したし、1人1人とも話したし」とメンバー5人で何度も何度も話し合った末の結論だと説明した。

 また「だから、解散じゃないので」と強調。「一度、立ち止まって。みんながそれぞれの方向向いて。また集まった時には、嵐として……やりたい」と熱い想いを口にした。

 そして「本当、すごい優しいよ。みんな。みんなが納得する答えを何年かけて探したか」と自分に語りかけるように話し、「本当に嵐でよかったと思った。みんなが嵐のことが大好きだから」と笑顔を浮かべていた。

 嵐は1月27日に会見を行い、17年6月にリーダーの大野智がメンバーを集め、脱退の決意を伝えたこと、その後メンバー間で話し合いを続け、昨年2月にジャニーズ事務所に報告したことを明かしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス