文字サイズ

NGT48 山口真帆暴行事件の真相究明のため第三者委員会設置 支配人は異動

 NGT48の山口真帆
2枚

 アイドルグループ・NGT48は14日未明、公式サイトを更新。「山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告」と題し、メンバーの山口真帆(23)が昨年12月に新潟市内の自宅で男性2人による暴行被害を受けたことについて謝罪するとともに、事件の真相究明のため、第三者委員会による調査を実施することを明らかにした。今回の事件が発覚して以降、明確な説明のない運営側には批判が集まっていた。

 公式サイトでは株式会社AKS代表取締役・吉成夏子氏、運営責任者兼取締役・松村匠氏の連名で報告。ファンとメンバーに謝罪を行うとともに、一連の騒動についてNGT48メンバーの中に違法な行為をした者がいれば、加害者と同じく送致されるはずとして「当社としては、メンバーの中に違法な行為をした者はいない、と考えております」と見解を示した。その上で「ただし今後、違法ではないものの、メンバーとして不適切な言動がなかったか、今回の件の真相究明のため、弁護士や有識者等の専門家による第三者委員会による調査をいたします」と調査を継続する。

 今後は警察、警備会社に相談しながら警備体制を一層強化し、「メンバーの安全と安心を守っていくように致します」と表明した。

 また、今後のNGT48の運営体制として、「今村悦朗支配人は異動となり、早川麻依子を新支配人、岡田剛を新副支配人にして新たにスタートすることに致しました」と発表した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス