文字サイズ

TERU 航空会社への「誠意持って対応して」ツイートを改めて説明

 GLAYのボーカルTERUが8日、ツイッターを更新し、6日に大雪の影響で混乱した北海道の新千歳空港での航空会社の対応について「誠意を持って対応して欲しいと強く願います」とツイートしたことについて、改めて真意を説明した。

 TERUは6日夜、新千歳空港で自身が搭乗する便が何度も重ねて遅れが生じたことを伝え、「不運」「理不尽」などと納得いかない様子で何度もツイート。「日本は素晴らしい。誰一人としてクレームを入れる人がいない。企業には、これに甘んじることなく誠意を持って対応して欲しいと強く願います。やっと乗れるようです。3時間10分遅れ。」などと不満をツイートしていた。

 この連続投稿がネットニュースになり、反響が広がったことから、8日、ツイッターを更新。「ニュースになってましたねw 僕が千歳空港にいた6日は悪天候ではなく日中は晴れ間が見えるくらい、空は安定してました。アナウンスをもっと早くとお伝えしたのも搭乗時間に並んで下さいと言われ並んだら出発時間過ぎてから遅延のアナウンス。それが2回続いたので『誠意ある対応を』と言いました。」と改めて、繰り返し不満をつぶやいたことについて説明した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス