文字サイズ

松島トモ子、ライオンの餌やりに挑戦「こんなのに噛まれたと思うと…」

 女優の松島トモ子が4日、フジテレビ系「ワガババ修学旅行」に出演。サファリパークのバスの中からライオンに餌をやり「こんなのに噛まれたと思うと、よく助かったなぁと思う」としみじみ語った。松島は86年にライオンとヒョウに襲われ、九死に一生を得ている。

 番組は松島やデヴィ夫人、柴田理恵などベテラン芸能人たちがバスツアーで観光スポットなどを巡ったが、富士サファリパークに向かうバスの中で松島が、ライオンに襲われた時の様子を語り出した。

 松島は41歳当時に、ケニアのナイロビで野生のライオンと暮らしている男性をテレビの取材で訪ねたところ、「後ろでガサゴソ音がするの。なんだろうなと思ったらライオンがいたの。私の顔の前に来て、ワーッと思ったら頭にすごい痛みを感じたんです」と振り返った。

 気がつくとライオンの群れの中にいたといい、7頭のライオンにじゃれつかれ、「頭が割れちゃうし…。それが1回目」と語り、MCのハライチ・澤部佑も顔を引きつらせた。

 続けてヒョウに襲われ、首の第4頸椎(けいつい)粉砕骨折を負ったことも明かし、聞いていた柴田理恵も「よくご無事で…」と驚きの声を上げた。

 そんな松島がサファリパークのバスに乗り、ライオンに餌をやることに。澤部から「絶対安全ですから」と言われるも「でもスタッフは絶対安全って、あの時も言ってたのよ」とポツリ。そして「私はライオンの餌になりかけたことはあったけど、餌をやったことはないんだから」と初の餌やりに緊張の面持ちだ。

 ライオンエリアに到着すると「臭いがもう嫌」と顔をしかめたが、意を決して長いハサミのようなものに餌をはさみ、ライオンに食べさせると「はぁ…」と大きなため息をついて座席にドッカリと座った。しばしぼう然としていたが、澤部から「松島さんがあげた肉を美味しそうに食べてますよ」と言われると「こんなのに噛まれたと改めて思うと、よく助かったなぁと思いますね」としみじみ語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス