文字サイズ

ナイナイ矢部浩之「すべり症」患う 「芸人として致命的な名前…治したい」

 ナインティナイン・矢部浩之(47)主催の小学生サッカー大会「やべっちCUP」が23日、大阪府堺市のJ-GREEN堺で行われた。

 初開催となった大会のラストでは、サッカー芸人やJ3・沼津の中山雅史(51)ら現役サッカー選手も参加してエキシビション試合が行われた。矢部は来年以降の開催も熱望し「イニエスタ選手も是非、来てください」と呼びかけた。

 大会では、たむらけんじ(45)が大阪で主催しているフットサル大会「たむけんCUP」のスポンサーに、乗り替えを呼びかけるなどネタに。

 ただ、矢部は2週間前から腰に強烈な痛みがあることを告白し「こんだけ、たむけんをイジっておいて何ですが、たむけんに鍼治療の先生を紹介してもらったんです」と明かした。その先生から「すべり症」と診断されたそうで、矢部は「芸人としては致命的な名前。たむけんには『すべり兄さん』と呼ばれ…。全力で治したい」と語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス