文字サイズ

無冠となった羽生の称号どうなる?「前竜王」名乗れるが辞退なら「九段」

対局後、盤面を見つめる羽生善治前竜王=山口県下関市内
1枚拡大

 将棋の羽生善治竜王(48)が21日、山口県下関市で行われた竜王戦7番勝負第7局で広瀬章人八段(31)に167手で敗れ、1991年以来27年ぶりにタイトルを失った。

 現役のタイトル保持者以外は通常、段位で呼ばれるが、「名人」と「竜王」に関しては、失冠して無冠になった場合、次期タイトル戦終了までは「前名人」「前竜王」と名乗る資格が与えられる。

 羽生は90年に竜王位を失って無冠になった際は「前竜王」と名乗った。98年に名人位と竜王位を失った谷川浩司九段(56)は称号を辞退し「九段」となった。

 羽生が肩書として段位を名乗ったのは、89年に竜王位に挑戦した際の「六段」が最後。平成の期間は必ず肩書を持って年を越していたが、無冠となって「前竜王」「九段」のどちらで新年を迎えるのかも注目される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス