文字サイズ

さっしー2日連続涙のステージ 卒業発表から一夜「みんなが泣いているので」

卒業発表から一夜明け、AKB48紅白対抗歌合戦に出演したHKT48・指原莉乃(中央)=東京・TDCホール
2枚

 AKB48グループが16日、東京・TDCホールで「第8回AKB48紅白対抗歌合戦」を実施。15日に同所で行われたHKT48の単独コンサートでグループ卒業を発表した指原莉乃(26)も出演した。

 指原はこの日、冒頭のメドレーで、AKB48の最新シングル「NO WAY MAN」と、HKT48の最新シングル「早送りカレンダー」を歌唱。前日の卒業発表時は、大粒の涙を流していたが、影響を感じさせないほど元気いっぱいにパフォーマンスを展開した。だが、自身のソロデビュー曲「それでも好きだよ」を、HKT48・田島芽瑠(18)と熱唱した際は、曲の途中で田島が涙を流すと、指原もたまらず2日続けての“涙のステージ”となった。

 歌唱後は、司会の堺正章(72)に卒業について触れられ、「みんなが泣いているので、泣いちゃいました。流されて…」と照れ笑い。卒業発表から一夜明けた心境を「意外にスッキリしていて、これからが楽しみだという感じです」と笑顔で話した。

 今後については「卒業は4月28日。新元号の前に、アイドルは辞めます」と改めて明言。卒業後の活動を問われると、「どうしましょうかね?どうしたらいいと思います?」と逆質問し、「何かのアシスタントにしてくれないかしら?」と堺に売り込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス