文字サイズ

11億円貢がせたアニータさん 現在は家賃20万円の借家住まい

 毎日放送
1枚拡大

 青森県住宅供給公社に主幹として勤務していた夫が横領した約14億円から、約11億円を貢がせていたことが2001年に大きなニュースとなったチリ人妻、アニータ・アルバラードさん(45)が15日放送の毎日放送「せやねん!」に出演し、家賃20万円の借家住まいという近況を明かした。

 アニータさんは19歳で来日。ホステスとして働き、24歳で夫と結婚した。

 番組ではチリの首都サンティアゴに住むアニータさんの自宅を訪問。夫に貢がせた大金で購入した豪邸は手放し、金も「もう残っていない」と告白。現在は「家賃は光熱費込みで20万円くらい」の借家に住んでいる。

 アニータさんは事件当時の写真を見せられると「すごく懐かしい写真。あの頃、私は混乱してたわ。事件があってからつらい思いをたくさんしたの。写真を見せるから思い出して泣いたじゃないの」と、涙を流した。

 刑期を終えた元主幹とは「まだ婚姻関係よ」と打ち明けたアニータさん。昨年、離婚するため訪日したが夫は見つからず、離婚できなかった。「彼からの連絡もずっとない。今後、彼氏ができたら結婚できる状態でいたいの」と訴え、「この番組を見ていたら、チリ大使館にいって離婚届にサインしてください」と呼びかけた。

 なお、元主幹との離婚は成立していないが、キューバ人やカナダ人など、国籍が違う男性6人と9人の子供をもうけており、人気タレントとして子供たちを養育。アニータ家の密着番組は視聴率35パーセントの人気を誇るという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス