文字サイズ

えなりかずき 小さいときから守っていただいた…赤木春恵さん通夜

 涙を流しながら赤木春恵さんとの思い出を語る、えなりかずき(撮影・棚橋慶太)
2枚

 先月29日に心不全のために亡くなった女優の赤木春恵(あかぎ・はるえ、本名小田章子=おだ・あやこ、享年94)さんの通夜が3日、東京・築地本願寺和田堀廟所で営まれ、武田鉄矢(69)、名取裕子(61)ら関係者700人が参列した。

 赤木さんが出演したテレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」のテーマ曲が流される式場に“渡鬼ファミリー”が集い、別れを惜しんだ。

 同ドラマで孫・眞を演じたえなりかずき(34)が囲み取材に対応。沈んだ様子で姿を現すと、天国へ旅立つ“おばあちゃん”へ「すごくさみしい。とても優しい方で小さいときから守っていただいた」と語りかけた。

 赤木さんは同ドラマで泉ピン子(71)演じる嫁を振り回す姑を熱演。普段の赤木さんについて「役柄はいじわるなおばあちゃんだけど、素顔は本当は優しい方だった」と回想し、「それだけすごい人だったのだと思う」と役者としての尊敬を示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス