文字サイズ

コラムニスト勝谷誠彦さんが死去 57歳 8月に肝炎で入院

尼崎市内で行われた医療フォーラムに車いすで参加した勝谷誠彦さん=10月20日
勝谷誠彦氏
兵庫県知事への出馬会見をするコラムニストの勝谷誠彦さん=27日午後、神戸市中央区、県庁
3枚3枚

 コラムニストの勝谷誠彦さんが28日未明、兵庫県尼崎市内の病院で肝不全のため亡くなったことが同日、分かった。57歳。8月に重症アルコール性肝炎で緊急入院するなど、療養を続けていた。

 勝谷氏は、一時は集中治療室に入るほど重篤だったが、10月に退院し、同20日には「尼崎市民医療フォーラム」に車いす姿で参加。冗談交じりに入院生活を振り返るなど、元気な姿を見せていた。

 関係者によると、勝谷氏は「尼崎市民医療フォーラム」参加後も入退院を繰り返していたといい、11月下旬に尼崎市内の病院に入院。数日前から容態が悪化したといい、この日未明、尼崎市内の病院で家族にみとられ亡くなった。

 勝谷氏は早大卒業後、文藝春秋に入社。編集者、記者として活躍した後フリーとなり、コラムニストとして活動した。

 通夜は28日午後7時、告別式は29日午後1時から、尼崎市の阪神平安祭典会館で営まれる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス