文字サイズ

長嶋一茂 阪神ドラ1・近本よ生肉を食え!現役時代の不摂生教訓…健康マニアが助言

 MC初タッグの長嶋一茂(左)と後藤輝基
1枚拡大

 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(52)が、TBS系特番「こんな私は何を食べればいいですか?」(26日、後7・00)のMCを務めることが9日、分かった。お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基(44)とのMC初タッグで、身体の悩みを改善する食材や食べ方を紹介。プロ時代の不摂生から健康マニアとなった一茂は、阪神のドラフト1位・近本光司外野手(24)に「肉を食え!!」とアドバイスを送った。  

 ゴールデンルーキーは何を食べればいいですか?数々の食と健康法を渡り歩き、現在、ミトコンドリア活性にハマっているという一茂の出した結論は「肉」だった。

 「肉、しかも生肉。酵素が生きて入るから。肉って焼いたらダメなの。焼き肉、あれは最悪。生じゃなかったら、しゃぶしゃぶか、すき焼きだね」

 専門家のように次々と言葉が飛び出す。「これは生では無理だけど、1番はシカ肉。精力がつくものを食べないと。オレは一晩寝られなかったもん」と、俊足ルーキーに“シカパワー”のススメだ。

 現役時代の不摂生を自覚しているからこそ、ルーキーたちに同じ過ちを犯してほしくはない。引退した30歳ごろに体調を崩し、食生活を改善。「甲子園のロッカーでフライドポテト食べてたもん」と好きなものを好きなだけ食べていた生活に別れを告げ、身体に影響を与える食材を分析したという。

 番組では、健康マニアの一茂とフット後藤が高血圧や高血糖、肩こり、老眼などを改善する「食」を徹底解剖。専門家を差し置いて一茂が熱弁するシーンも多々見られ、後藤は「『うるせえ』ですね。知識があふれている」と苦笑いした。

 予定調和にならない言動で大ブレーク中の一茂は「(収録の様子が)編集されて面白いかなんてどうでもいい。僕が楽しめればいいってスタンスでやってるので」と独自の哲学を体現し、お茶の間に新鮮な空気を送っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス