文字サイズ

結成2年目の超エリートコンビ・GパンパンダがNHK新人お笑い大賞

NHK新人お笑い大賞を制したGパンパンダの(左から)星野光樹、一平=東京・NHKふれあいホール
2枚

 若手芸人のコンテスト「NHK新人お笑い大賞」の決勝大会が21日、東京・NHKふれあいホールで行われ、結成2年目のお笑いコンビ・Gパンパンダが優勝。322組の頂点に立った。

 A、Bの両ブロックに分かれた1回戦では、昨年の「M-1グランプリ」で3位に入った兄弟漫才コンビ・ミキを破って最終決戦に進出。最後は、昨年も最終決戦で涙を飲んだお笑いトリオ・ネルソンズとの一騎打ちを制した。ボケの星野光樹(26)は「優勝できるもんなんですね…」とぼう然。ツッコミの一平(26)は「ちょっと、すごいっすわ…」と、自らの快挙を受け止めきれずにいた。

 大会の模様はNHKの全国ネットで生放送されており、星野は「全国ネットでネタをやったのは初めて。最初の一言目が出ないんじゃないかというぐらい緊張しましたけど、お客さんの反応があったんで、やれると思った」と感無量の様子。一平は「もう、何を言っていいかわからない…」と興奮冷めやらぬ様子だった。

 Gパンパンダは、筑波大付属中、同高、早大商学部と同級生だった2人のコンビ。中学時代、文化祭で漫才をやろうと星野が一平を誘って結成した。星野は大学2年時に20歳で公認会計士に一発合格し、税理士の資格も持つ。一平も大学卒業後、リクルートで人事部に所属していた“超エリートコンビ”だ。

 大学卒業後は一時解散していたが、15年に「M-1グランプリ」が復活したことで、お笑いに再び情熱を盛った一平が、プロへの道を模索していた星野に再結成を呼びかけてプロへ。エリートの立場を捨て、わずか2年で結果を出した一平は「サラリーマンを辞めて、芸人を始めて。今日は大学時代の同期もたくさん見てて…、頑張ってるよ!」と感情を爆発させた。

 2人は早大では落語研究会に所属しており、今年の「キングオブコント」で優勝したハナコの岡部大(29)や、昨年の同大会で準優勝したにゃんこスターのアンゴラ村長(24)らの後輩にあたる。星野は「岡部さんに先に行かれましたけど、キングオブコントを取りたいです」と新たな目標を掲げていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス