文字サイズ

A.B.C-Z河合 初単独主演舞台!!「タッキーのような座長になれるように」

 単独初主演舞台に挑戦する河合郁人(右)と共演の辰巳雄大
1枚拡大

 A.B.C-Zの河合郁人(30)が舞台「トリッパー遊園地」(19年3月15~23日、東京・新橋演舞場)で単独主演舞台に初挑戦することが12日、分かった。同劇場出演は年内で引退する滝沢秀明(36)主演「滝沢演舞場’09」以来、10年ぶり。河合は「『滝沢演舞場』のタッキーのような座長になれるように頑張ります」と意気込んだ。

 現代と太平洋戦争中の1944年を舞台にしており、観覧車がシンボルマークの遊園地の経営改革に乗り出す山ノ内マサヒロ(河合)が、戦時中の同遊園地にタイムスリップして、人々が楽しめる場所の大切さに触れる物語。

 「新橋演舞場に主演という形で戻ってこられたことはうれしい。楽しみです」と話した河合は、一緒に住んでいたこともあるふぉ~ゆ~・辰巳雄大(31)との19年ぶり本格共演にも「心強い」と大喜び。辰巳も「小さい頃のライバル心を今一度思い出して、郁人座長にぶつけて、熱い作品を作りたい」と燃えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス