文字サイズ

「まんぷく」“嵐の船出” 大阪の会見中止で東京お披露目 安藤サクラ「すごいスタート」

 長谷川博己(右)に寄り添う安藤サクラ=NHK放送センター(撮影・棚橋慶太)
1枚拡大

 次期朝ドラにも台風直撃-。10月1日スタートのNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜、総合、前8・00)の完成披露試写会が4日、都内の同局で行われ、ヒロインの安藤サクラ(32)、長谷川博己(41)が登場した。

 毎年後期放送の大阪放送局制作による朝ドラは、先に大阪市内でお披露目会見を開き、同日中に東京でも会見が実施されるのが通例。今作もこの日午前10時から、大阪で安藤らの登壇が予定されていたが、台風21号の影響で3日夜に会見中止が決まった。

 撮影期間中、大阪に住居を移している安藤は、「最近、災害が多くて。自分が大阪に行ってからも(6月に)震災(大阪北部地震)がありましたし。子供を産んでからはそういうときの感じ方が変わりました。被害が拡大しないことを祈ってます」と心配顔。“嵐の船出”となったが、「こういうスタートを切れたのもすごいと感じてます。勢いにつながったら」と気持ちを切り替えた。

 真鍋斎チーフプロデューサーによると、登壇メンバーが3日は都内に滞在していたため、大阪への交通機関の乱れを見込んで、中止を決断したそう。撮影スケジュールの変更はないという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス