文字サイズ

広瀬香美、所属事務所と和解成立を発表 新会社に移籍合意「より一層音楽活動に邁進」

 広瀬香美
1枚拡大

 歌手の広瀬香美が所属事務所からの移籍を発表したことで、事務所のオフィスサーティーと対立していた問題で、広瀬と事務所側の和解が成立したことが29日、分かった。広瀬側の弁護士が報道各社にFAXを送信した。

 広瀬はFAXでコメントを発表。「この度は、ファンの皆様、音楽関係者をはじめ、すべての皆様に多大なご心配、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫びいたします。今般、広瀬香美は、話し合いを重ねた結果、これまでお世話になった株式会社オフィスサーティーとの間の問題につきまして円満な解決に至り、新会社『Muse Endeavor inc.』に移籍し、株式会社オフィスサーティーも移籍に合意を致しましたことをご報告いたします。

 広瀬香美は、今後も世界中の皆様に素晴らしい音楽を届けられるよう、より一層、音楽活動に邁進してまいります。引き続き、温かいご支援をよろしくお願いいたします」とつづった。

 広瀬は5月にオフィスサーティーとの契約を終了し、「Muse Endeavor inc.」に所属すると発表したが、オフィスサーティー側は「法廷措置を取る」「一方的な独立宣言」と公式サイトで表明。「広瀬香美」の芸名はオフィスサーティーと同社取締役の平野ヨーイチ氏にあると訴え「広瀬香美」を芸名では使えないと主張していた。

 その後、広瀬側は代理人を通じ「双方の感情のすれ違い等により、話し合いが困難な状況になり、アーティスト活動にも支障が生じるようになったことから、やむを得ず、アーティスト活動に関する一切の契約を解除する旨の通知を送付した上で、独立に至った次第」と説明し、一方的な独立ではないと反論していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス