文字サイズ

岡田准一 殺陣3回変更訴え「当日、変えてすいません」…西島「ひどかった」

 会見中に談笑する西島秀俊(左)と岡田准一=都内(撮影・園田高夫)
1枚拡大

 V6の岡田准一(37)が27日、都内で行われた、主演時代劇映画「散り椿」(9月28日公開)完成報告会見に出席した。「美しい時代劇」を撮りたいという名カメラマン・木村大作監督(79)と作り上げた岡田は「代表作になれば、認めてもらえたらいいなと願っている作品ではあります」と本格時代劇の反響を楽しみにした。

 初共演の俳優・西島秀俊(47)が演じる恋敵役と刀を交える剣豪役の岡田は3カ月に及ぶ殺陣の稽古を積んで撮影に臨んだ。撮影当日に殺陣の変更を西島に3度訴えたといい、「予定調和を崩した方がいいとかなと。西島さんだからできること」と即興に強い“ジャニーズイズム”を現場でも発揮。西島も「ひどかった」と笑い、岡田は「当日、変えてすいません」と改めて謝罪していた。

 映画「隠し砦の三悪人」(58年)から5作品の黒澤作品に撮影助手として関わってきた木村監督は、「素晴らしい殺陣になってます。スピードに関していったら、三船敏郎、仲代達矢、高倉健、勝新太郎を上回るスピードだね」と大絶賛。岡田は「すごい名前の方々が出てきてクラクラして、どうしたらいいのかわからない」と恐縮していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス