文字サイズ

藤岡弘、と唐沢寿明 仮面ライダーゆかりの2人出演が話題 「石ノ森章太郎物語」

 日本テレビ系「24時間テレビ41 愛は地球を救う」内で、25日に放送されたドラマ「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」に、仮面ライダー1号を演じた藤岡弘、が本人役で、また仮面ライダーシリーズとゆかりのある唐沢寿明がショッカーの戦闘員役でスペシャル出演したことが話題になっている。

 石ノ森章太郎氏は数々のヒーローを生み出した漫画家で、仮面ライダーは代表作の1つ。ドラマ終盤では、テレビ版の「仮面ライダー」の撮影現場のシーンがあり、藤岡と唐沢が登場した。ドラマの公式ウェブサイトでは二人の役どころは「シークレット」となっていた。さらに、唐沢はセリフも多く、ヒーローとは何かといった点を掘り下げる会話もしている。

 藤岡はシリーズ第1作、71年開始の「仮面ライダー」で仮面ライダー1号の変身前の姿である本郷猛を演じていた。唐沢は、以前に仮面ライダーシリーズに登場する「ライダーマン」のスーツアクター(衣装の中に入り、基本的に顔を出さずにアクションする俳優)を演じたことがあると公言している。

 この作品ではSexy Zoneの中島健人が石ノ森章太郎氏を演じた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス