文字サイズ

津川さん、ツイッターではハッシュタグ「好きな役を語る」が登場 多くのファンの胸に…

亡くなった俳優の津川雅彦さん(今年5月20日)
1枚拡大

 俳優の津川雅彦さんが4日に心不全のため亡くなった。78歳。京都市出身。津川さんは56年に映画「狂った果実」で本格デビュー。その後も映画、ドラマなどで二枚目から悪役まで幅広い役で存在感を示した。さまざまな役柄を演じた津川さんだけに、ツイッターでは「津川雅彦が演じた好きな役を語る」というハッシュタグが登場。ファンが津川さんが演じた大好きな役を紹介している。

 時代劇、現代劇、映画、ドラマなど数多くの作品で存在感を示した津川さんは、多くのファンの心の中に数多くの思い出を残していた。

 ツイッターでは「津川雅彦が演じた好きな役を語る」というハッシュタグが登場。早速多くのファンが思い出の津川さんの役どころを思い入れたっぷりに紹介。

 「古畑任三郎『再会』での小説家・安斉亨。ラストシーンの、古畑とのやり取りが素晴らしく良いので大好きな話でした」「少なくとも私はこの方の徳川家康役が名演だったと思うのだ。『独眼竜正宗』『葵 徳川三代』での家康役が。私の徳川家康のイメージの基礎になった」「離婚弁護士のパラリーガルの井上紀三郎」「マルサの女の花村」「やはり『必殺橋掛人』の柳次ですね」「相棒の瀬戸内米蔵」「バケモノの子の宗師」など、さまざまな役どころが上がっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス