文字サイズ

さや姉 生涯TORACO NMB卒業しても猛虎愛は不変「人生かけて勝利の女神に」

 始球式でスイングする山本彩=京セラドーム(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 阪神の女子ファン「TORACO」の応援隊長を務めている、NMB48の山本彩(25)と谷川愛梨(22)が4日、大阪・京セラドームで行われた阪神-ヤクルト戦で始球式を行った。山本はNMB48からの卒業を表明しているが、今後もTORACO応援隊長の“続投”を熱望し「人生をかけて勝利の女神になりたい」と熱弁。阪神優勝時にはこれまで掲げた全公約を一気に果たすことを宣言した。

 さや姉はNMBを卒業しても、虎の勝利の女神は卒業しない。延長戦の激闘を制した京セラドームで虎党は、再確認した。

 始球式では谷川が投手、山本が打者を担当した。投球が山本に当たった場合は“大乱闘”を計画していたが、谷川の投球は、ストライクで捕手ミットにおさまり、大歓声を浴びた。

 始球式後の会見で、山本は「生まれた時から生涯TORACO。変わることなく阪神を応援します」と笑顔を見せた。今後も応援隊長を務めたいかと聞かれると「是非やらせていただきたいです。人生をかけて勝利の女神になれるよう、がんばりたいです」と熱望した。

 昨年まで山本が始球式を務めた試合は阪神が4戦全敗。山本は悲鳴をあげつつ「今日は私は投げてませんよ」と主張。ただし山本が「六甲おろし」の独唱を行った昨年7月27日は阪神が大勝したと聞くと「今日は勝手に独唱します」と勝利を願い、そして通じた。

 これまで阪神優勝の際には「スタンドで売り子」「ホームベースになる」「“トラ姉”のかぶりもの」「新応援歌制作」など数々の公約を掲げてきており「1回も果たせてないので、果たせるまで公約は続けます」と明言。次回優勝時に全公約を一気に果たすと宣言した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス