文字サイズ

松本伊代 生放送会場に親衛隊「一緒に16歳に!一番恥ずかしいのは私」

ラジオ大阪の公開生放送に参加した早見優(左)と松本伊代=大阪市内
ラジオ大阪の公開生放送に参加した早見優(左)と松本伊代=大阪市内
ラジオ大阪の公開生放送に参加した早見優(左)と松本伊代=大阪市内
ラジオ大阪の公開生放送に参加した早見優(左)と松本伊代=大阪市内
4枚4枚

 歌手の松本伊代(53)と早見優(51)が16日、大阪市内で行われたラジオ大阪の開局60周年記念特番の公開生放送に参加した。

 会場に約800人が集まる中、2人でライブ&トークステージを上演。最前列にはピンクのハチマキに法被姿の親衛隊が集結した。

 早見が「80年代の生放送はこんな感じで、親衛隊の皆さんが低い太い声で応援してくださって、うれしかったですね」と振り返ると、松本は「親衛隊の皆さんも私たちと同じくらい齢を重ねて、自由な感じの年頃ですね」と喜んでいた。

 80年代の楽曲を中心に盛り上がり、終盤で松本が「センチメンタル・ジャーニー」を披露する際は、「皆さん一緒に16歳になってください」とお願いし「一緒に歌って踊ってください。恥ずかしがらずに一生懸命やってください。一番恥ずかしいのは私です!」と笑わせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス