文字サイズ

篠原涼子、初主演舞台で20歳役 44歳で挑戦…試行錯誤経て吹っ切れた

役衣装で会見した佐藤隆太(左)と篠原涼子=都内
1枚拡大

 女優の篠原涼子(44)が12日、都内で行われた初主演舞台「アンナ・クリスティ」(13日初日、東京・よみうり大手町ホール)の取材会を行った。

 05年の「天保12年のシェイクスピア」以来、13年ぶりの舞台。20歳のアンナを演じる篠原は「最初は(設定に)無理やり合わせようと、声のトーンを上げたりした」というが、演出の栗山民也氏から「(アンナは)は苦労してきた女性だからそんなに(無理に)やらなくていい」と助言され、「20歳(の感じ)じゃなくてやってみようと思った」と試行錯誤を経て吹っ切れたことを明かした。相手役は佐藤隆太(38)。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス