文字サイズ

小室哲哉氏&篠原涼子 22年ぶりタッグ! 小室氏が篠原主演映画の音楽を担当

 篠原涼子
 映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」のポスター
 小室哲哉氏
3枚3枚

 女優・篠原涼子(44)が主演する映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(8月31日公開)の音楽を、プロデューサー引退を表明した小室哲哉氏(59)が担当することが24日、分かった。篠原は90年代に小室ファミリーとして、「恋しさと せつなさと 心強さと」などをヒットさせており、小室氏とは22年ぶりのタッグ。小室氏が今年1月の引退発表前に受けていた仕事だったことから、“再会”が実現した。

  ◇  ◇

 TKブームの一端を担った篠原のために、希代の名プロデューサーは飛びきりの“置き土産”を用意していた。昨年3月にオファーを受けた小室氏は、「SUNNY-」の劇伴(劇中のインストルメンタル曲)を制作。今年1月の引退会見では、受注済みの仕事はやり遂げるとしていたが、3月まで作業を続けて24曲を完成させた。

 TKサウンドが世の中を席巻した94年に、小室氏がプロデュースし、篠原が歌った「恋しさと-」は売り上げ200万枚突破の大ヒットを記録。96年のゲーム音楽でのコラボ以来、22年ぶりの再タッグ結成となった。

 篠原が演じる専業主婦の奈美が、90年代に青春時代を謳歌(おうか)した設定であることから、小室氏に白羽の矢が立った。当時はやったJ-POPもクローズアップされ、劇中歌として起用。篠原が安室奈美恵の「Don’t wanna cry」を歌うシーンも盛り込まれた。

 昨年11月、撮影現場で小室氏の訪問を受けた篠原は、「お互いあの頃から風貌は変わったけど、中身は変わってないねって(笑)。変わらない小室さんとまたご一緒できて、すごく嬉しいです」と感激。「芝居だけでは伝わらないところを、小室さんの音楽に助けてもらっています」と感謝した。

 小室氏は「最後の僕の映画音楽になります」と宣言。「最初に見かけたのは涼子ちゃんが16才ぐらいの頃だったと思います。輝いてくれて、よかったなあと心から思っています」。移り変わりの激しい芸能界を去る前に、時の流れをかみしめていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス