文字サイズ

矢島晶子ラストしんのすけ ネット早くも涙「既に淋しくて泣きそう」

 テレビ朝日系大人気アニメ「クレヨンしんちゃん」で約27年に渡って野原しんのすけの声を務めた声優の矢島晶子が29日の放送で最後のしんちゃんを演じる。これにネットでは早くも「絶対見逃さない」「今日が最後か」となど残念がる声が上がっている。

 矢島は1日に「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなった」との理由で、92年4月の放送開始から務めたしんのすけの声を降板すると発表。後任には小林由美子が決まっている。

 長年親しまれた“矢島しんのすけ”も、いよいよ29日が最後。放送日となったこの日はネットで続々と惜しむ声が。「今日のしんちゃんはぜったいに見逃せない」「今日のしんちゃんは絶対見なあかん」「小さい頃からずっと見てきただけに寂しいなやっぱり」「本日のクレヨンしんちゃん、泣きながら見ます」「今夜のクレヨンしんちゃんは特別な回」「しんちゃん=矢島さんでした。本当にお疲れ様でした泣」「既に淋しくて泣いてしまいそうです」と早くも“しんちゃんロス”を感じさせるツイートが続々とアップされていた。

 公式ツイッターによれば、最終回は、ひろしとみさえのプリンを食べてしまったしんのすけが、必死にごまかすものの、「それが野原家を揺るがすとんでもないことに…!」と予告されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス