文字サイズ

クレしん名作 制作時に「圧力」と原恵一監督…「大反対されました」

東京国際映画祭ラインナップ発表会に出席した(左から)瀬々敬久監督、森口彩乃、佐々木心音、山田愛奈、大九明子監督、原恵一監督=東京・六本木ヒルズ
1枚拡大

 アニメーション映画「クレヨンしんちゃん」シリーズなどを手がけた原恵一監督(58)が26日、都内で行われた「第30回東京国際映画祭」(10月25日~11月3日、東京・六本木ヒルズなどで開催)のラインナップ発表会に出席し、制作時に圧力を受けたことを暴露した。

 今年の同映画祭では「映画監督 原恵一の世界」という特集が組まれており、名作と名高い「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦」(2002年)も上映される。同作では主要キャラクターが戦で命を落とす場面も描かれているが、原監督は「まぁ大反対されました」と明かした。

 司会者が「制作会社が…」と確認すると「いや、テレビ局とか(広告)代理店とかです」とキッパリ。「最終的に原作者の臼井(儀人)さんにプロット(=ストーリーの要約)を見せて許可をいただきました」と徹底抗戦したと説明した。

 エンジンのかかった原監督は「ぼくらは子供のころから、主人公が死んだりする作品を見て育ってきました。今はテレビ局がそういうのを止めたりするんですよね。でも、ぼくらはそういうのを見ても別にひねくれて育ってないですけどね」と持論を展開。温かい作風で知られる原監督だが、クリエイターとして燃えるものを胸に秘めていることを示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス