文字サイズ

藤田ニコル 芸能界に生き残れてたらいい…7年後の万博に、中川翔子は美熟女目指す

ピカチュウ(中央)とともにポーズをとる(左から)中川翔子、藤田ニコル、パンサーの菅良太郎、向井慧、尾形貴弘=都内
ポケモンEXPOタイプ診断についてトークする藤田ニコル(右)と中川翔子(同2人目)=東京ミッドタウン日比谷(撮影・西岡正)
ピカチュウ(中央)とともにポーズをとる(左から)中川翔子、藤田ニコル、パンサーの菅良太郎、向井慧、尾形貴弘=東京ミッドタウン日比谷(撮影・西岡正)
3枚3枚

 タレントの中川翔子(33)、藤田ニコル(20)、お笑いトリオ・パンサーが14日、都内で行われた「~ポケモンといっしょに~EXPO2025の日本誘致を応援しようプロジェクト発表会」に参加した。大阪が開催地に名乗りを上げている万博が行われる7年後について、万博誘致スペシャルサポーターを務める中川は「ポケモンと一緒に、たくさんのことを語り継ぐ美熟女になっていたい」と思いを明かした。

 同じくスペシャルサポーターの藤田は「27歳?まだまだ20代なので、楽しんでいたら」といい、現時点で平均年齢36・3歳のパンサーをうらやましがらせた。さらに、藤田は「芸能界に生き残れてたらいい。それこそ結婚して、(大阪)万博に行きたい」と欲張っていた。

 ゲストとして来場したパンサーの菅良太郎(36)は2025年に向けて「(42歳の)厄年を乗り越えて楽しんでいきたい」と希望。向井慧(32)は「コンビでも活動できていたら」と口にし、尾形貴弘(41)をあわてさせた。その尾形は「子供ができて3カ月なんで、7歳になった子と(大阪)万博に行きます」と夢見ていた。

 また、向井と中川はポケモンつながりで仲がいいことを告白。中川は「慧(さとし)って呼んでるけど、(人前で呼ぶと)変な空気になる」とし、向井も「そんなに仲良かったっけってなる」と照れながら明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス