文字サイズ

松岡修造の愛娘・恵さんにファン殺到 募金活動は異例の“単独”に

募金を呼びかける松岡恵(右から3人目)ら宝塚音楽学校の生徒=宝塚大劇場(撮影・持木克友)
「すみれ募金」で募金箱を手に笑顔の松岡恵さん(中央)=兵庫・宝塚大劇場
募金を呼びかける松岡恵(右から3人目)ら宝塚音楽学校の生徒=宝塚大劇場(撮影・持木克友)
「すみれ募金」に立った宝塚音楽学校105期の土山はる奈さん、土井山吹さん、羽田真理亜さん、霜下沙麗さん(左から)=兵庫・宝塚大劇場
4枚4枚

 タカラジェンヌを養成する宝塚音楽学校生徒による「すみれ募金」が27日、兵庫・宝塚大劇場の正面ゲート内で行われた。105期生40人と、4月に入学したばかりの106期生40人が2部構成で募金に立った。105期生の中には、元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造氏の長女・恵さんも姿を見せた。

 季節に合わせ、初夏に咲く百合柄の小振り袖に、正装の緑の袴を着用し登場した恵さん。当初は同期の5人1組で募金活動を行っていた。だが恵さんを見ようとするファンが殺到。警備員が「将棋倒しになりますよ、下がって下さい」と呼びかけても募金者は滞留したまま。危険な状況になってきたため主催者側の判断で、途中でグループから離れ、少し離れた場所で1人で募金を再開始した。

 だが極めて異例な出来事にも、恵さんは終始笑顔。ファンとの写真撮影に応じ、ハキハキとお礼を述べるなど、父親譲りの“強さ”を見せていた。また“暑さ”も父譲りなのか、会場近辺の気温も5月とは思えぬうだるような暑さになっていた。

 そんな娘の様子を、目立たないよう、少し離れて見ていた母で元テレビ東京アナウンサーの恵美子さん(旧姓田口)も「たくましくなったような気がします」と目を細めた。ハプニングに動じない娘に「自覚が出てきたのかな。出てこないと困りますね」と笑顔で娘の晴れ姿を見守っていた。

 105期首席の霜下沙麗さんは「本科生として礼儀正しく参加しようと、みんなで話し合いました。微力ながらお役に立てれば。自覚を持って参加させていただきました」と笑顔を見せた。

 今年は小児がんの子どもの家族のための専門施設「チャイルド・ケモ・ハウス」のために、募金活動を行った。例年よりも多い約3000人が会場を訪れ、寄付に協力。募金総額は144万4441円となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス