文字サイズ

NHK 日大悪質タックルを「ニュースウォッチ9」がトップで報道

 日大・内田正人監督(左)と関学大・鳥内秀晃監督
1枚拡大

 NHKは16日夜の報道番組「ニュースウォッチ9」(後9・00)で、6日に行われたアメリカンフットボールの関学大と日大の定期戦で、関学大クォーターバック(QB)選手が日大守備選手による悪質タックルで負傷した問題をトップニュースで報じた。

 同番組冒頭で、日大選手が関学QBの背後から猛突進する姿を放映。日大の内田正人監督が「反則行為を意図的に指示したことはない」としたことや、関学大が「我々の選手を傷つけることだけを目的に行った意図的で極めて危険かつ悪質な行為」と抗議したこと、関学大の小野ディレクターが「3回ファウルを立て続けにして帰って来ても日大の監督・コーチが怒っている様子がない。我々の中でそれは考えられない」などの談話を紹介した。

 ネット上ではNHKがトップで報じたことに「日大悪質タックルがNHKニュース9のトップニュースか。えらい大事になった」などの反応が見られた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス