文字サイズ

勝野洋&キャシー中島 家族で3度目の舞台「やりにくいけど、快感も」

 舞台の初日を迎え会見した(左から)キャシー中島、勝野洋、勝野雅奈恵、勝野洋輔=東京・俳優座
3枚

 俳優の勝野洋(68)が15日、東京・俳優座で舞台「すなっく ラ・ボエーム」の初日取材会に登場した。舞台の原案は妻でタレントのキャシー中島(66)で、次女の女優・勝野雅奈恵(36)が脚本・演出を担当。勝野は衣装も担当した長男・勝野洋輔(34)と舞台でも親子役を演じる。

 “勝野ファミリー”の舞台制作は3回目。勝野は洋輔との親子役を「彼女(キャシー)の口車にのせられているんですよ。気が付いたら舞台に立っている感じ。確かにプレッシャーがあるし、家族はやりにくいけど、経験できない快感もある」と明かした。

 キャシーは「始まる直前に、いつもケンカするの。私がお願いするのは『パパのセリフ、いっぱいね』ということだけ。団塊の世代の方に見てもらって、元気になってほしい」とアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス